Top

*日々の暮らしと旅*
by chika-papermoon
いろんな秋
c0100937_22372682.jpg芸術の秋。
…というわけで、最近我が家にはたくさんの個展の案内が届く。
しかも、行きたい個展のスケジュールが重なっていることもあり、
この時期私は一人で忙しい。
そんなわけで、今日は津屋崎にあるギャラリー、星鈴音さんへ向かった。
大好きな岩田圭介さんの個展。
しかも今日が初日ということで、ご本人もいらっしゃるのだ。

お店は古い一軒家。靴を脱いで店内に入る。
この形式は、いつも友達の家に招待されたような気分になる。楽しい。
店の中には今まで見たことがないほどの、
たくさんの岩田さんの作品が並んでいる。
素敵な作品の数々に、私のアドレナリンは一気に噴き出す。

初めてお会いする岩田圭介さんは、かっこいい大人の男性であった。
勝手に、奥田瑛二さんのようだ…と思う。二言三言お話をさせていただいた。
私は、大人の素敵な男性に弱い。
東京の器やさん「桃居」の店主、広瀬さんも大人の素敵な方だった。
そんなことを考えながら、器を選んでゆく。



岩田さんは、同じ津屋崎で作陶されている。たぶん星鈴音さんともご近所なのだろう。
そんなわけで、なんだかくつろいだ雰囲気。奥様の美智子さんも交えて談笑されている。

たくさんの作品の中から、カップと六寸くらいのお皿を、それぞれふたつずつ選んだ。
カップは飲み口が薄く、口径が広くて、とても飲みやすく作られている。
ビールや焼酎を飲むための陶器のカップが欲しい…という要望で、夫が選んだ。
お皿は、やさしい乳白色のぽってりとした器。小さく、貝殻の模様が入っている。かわいい。
今回の作品は、岩田さんの遊びゴコロがたくさんつまっていた。
あんなに渋い方なのに、作品はなんだか可愛らしくて、クスッと笑ってしまう。
ありがとうございました。大切に使います。

岩田さんに見送られ店を出た後は、少し足を延ばして神湊へ向かう。
玄界灘でとれた美味しいお魚が食べられるお店 "温や" 。
私は、このお店の鯛茶漬けが大好きなのだ!(ちなみに一番好きなのは稚加栄の鯛茶漬け)
鯛茶漬け御膳は、お刺身やえびの掻揚げや煮物などいろいろ付いて1,575円。
この内容でこのお値段は、かなりお得だと思う。あぁ、やっぱり食欲の秋(笑)。

その後は、鐘崎漁港でたくさんの漁船を見たり、海岸線に沈む夕日を見たり。
心もお腹も満たされた、よい一日でした。
[PR]
by chika-papermoon | 2005-10-08 00:00 | Utsuwa
<< 西へ東へ 楽しい時間 >>