Top

*日々の暮らしと旅*
by chika-papermoon
Links
*HP*
Paper Moon

*Paris旅行記*
Paris promenade

カテゴリ
暮らし
うちごはん
そとごはん
Tea Time
Utsuwa
Favorites
Movies&Music
Trip
Paris
Kyoto
Busan2009
Busan2010
人気ジャンル
やまんどん 夢語奇家 (むごよか)
うきはの道の駅へ行った帰りにちょこっと寄り道。

果樹園の中を通り抜け、とあるカフェに行ってきました。


c0100937_22493869.jpg


うきはは福岡が誇る果物の産地。

ブルーベリー、桃、梨、葡萄、柿など、様々な果樹園があります。
今の季節は、果実に袋が掛けられているのでその実を見ることはできませんが、
「あれは桃の木?」などとお喋りをしながらドライブをするのも楽しいものです。
それにしても、葡萄や柿は木を見れば分かるけれど、桃と梨は判別が難しいですね(私だけ?)。

そんなこんなで目的地に到着。


c0100937_22425132.jpg


うきはの果樹園の中にあるカフェ『夢語奇家 (むごよか)』へやってきました。

「むごよか」とは、筑後弁で"とってもいい"という意味なんだとか。へぇ~知らんやった!
カフェは高台にあって、目の前にはのどかな田園風景が広がります。はぁ~癒される♡

今日はこれを食べに来たのでした♪


c0100937_2251410.jpg


その名も「まるごと桃のケーキ」。

夫が注文したものを味見しました(笑)。
コンポートされた桃の中にカスタードクリームが入っています。
ジューシーな桃、美味しい!


c0100937_22442279.jpg


私が注文したのは、フルーツがたくさんのったケーキ(名前忘れた~)。

フルーツてんこもり(嬉)!!


c0100937_22444791.jpg


可愛らしい店内。

店内は満席で、ほとんどが女性のお客さんでした。
ナチュラルなインテリアや所々に飾られている可愛い雑貨。
女性のツボをよぉ~く押さえていらっしゃいます(笑)。


c0100937_22454100.jpg


お庭にも可愛らしい雑貨が。


c0100937_23572891.jpg


美しい自然と美味しい果物、そして素敵なカフェ。

うきはの魅力はまだまだ尽きることがありません。
[PR]
# by chika-papermoon | 2011-08-06 00:00 | Tea Time
リストランテ フォンタナ
先日は、久しぶりに『リストランテ フォンタナ』へ。

フォンタナといえば、福岡の老舗イタリア料理店。
今や福岡にもたくさんのリストランテが出店し、競争が激化していますが、
そんな中で20年以上に渡りお店が続いているというのは素晴らしいことですね。


c0100937_043655.jpg


今回は、フォンタナコースを注文しました。

先日の検定試験に無事に合格したので、この日はお祝いなのでした。
こんな日は、お昼間からワインを飲んでも許されるのだ♪
(……といいつつ、真っ昼間から酔いちくれていることは多々あるのですが)


c0100937_051515.jpg


本日のパスタは、鰯とトマトのペペロンチーノ。

ほうれん草を練りこんだ生パスタが、モチモチとしていて美味でした。
鰯といえば、鰯めんたいが大好きな私。
福岡のスーパーでは普通に売られていますが、全国的にはどうなのでしょうか?
ご飯とビールがすすんじゃって大変ですが、大好きなおかずです。


c0100937_05369.jpg


メインはマンガリッツァ豚のロースト。

マンガリッツァはハンガリーの国宝に指定されている豚さんなんだそう。
国宝を食べてもいいんでしょうか!?!?


c0100937_05546.jpg


デザートも美味し! でした♪


c0100937_061025.jpg


落ち着いた雰囲気のリストランテで、久しぶりにゆっくりとランチを頂きました。

次の目標は、8月末に受験する検定試験。
"頑張った自分へのご褒美"をあれこれ妄想しながら(笑)、もうひと頑張りしようと思います。
[PR]
# by chika-papermoon | 2011-07-31 00:00 | そとごはん
"捨てる"効果
7月は「断捨離」月間。

クローゼットに眠っている不要なものや、気に入って使っていたけれど
今の自分には似合わなくなってしまったものなどを、どんどん手放していきました。
方法は、ネットオークションに出したり、リサイクルショップに持ち込んだり。
大事に使っていたものではあるけれど、思いのほか高値で落札されて思わずニッコリ。
そして、部屋の中も片付いて気分もスッキリ。


c0100937_14351346.jpg
今日のおやつは『たねや』のどら焼き。


不思議なもので、不要なものを手放した後、
以前から欲しいと思っていたものが手元にやってくることになりました。
それはまるで、そのスペースが空くことを待っていたかのように。

最近感じるのは、"モノ"への執着を捨てることで
気の流れがよくなり、本当に必要なものが自然と集まってくるということ。

それが、目には見えない"神様のルール"みたいだ、と時々思うのです。
[PR]
# by chika-papermoon | 2011-07-23 00:00 | 暮らし
やまめ山荘
ジリジリと真夏の太陽が照りつけるとある日、小石原までドライブへ行ってきました。

車を走らせること約1時間。
緑溢れる山道を抜け、たどり着いた場所はこちら。



c0100937_13403161.jpg



大好きなヤマメを食べにやってきました。

趣のある門をくぐり、緑豊かな小道を通りお店へ。
ここ『やまめ山荘』は、季節を通じて牡丹やシャクナゲ、紫陽花などが咲き誇り、
秋には紅葉が広がります。



c0100937_13404760.jpg



山奥なので、とても涼やか。
時折、爽やかな風が吹き抜けます。

さてさて、ようやくお店の中へ。



c0100937_1341189.jpg



江戸時代の古民家を改装した店内。
囲炉裏と掘りごたつ式のテーブルがあって、なんだか落ち着きます。
お庭を眺めながら食事をいただけるのがいいですね。

今日はヤマメを思う存分堪能したい! ということで(笑)、ヤマメのフルコースを注文しました。



c0100937_13412188.jpg



炊き合わせ(滋味深くて美味しかった)と酢の物のあとに、1匹目のヤマメが登場。
甘露煮です。しっかりと味がしみていて美味しい。



c0100937_13413389.jpg



続いては背越し。

新鮮でコリコリとして美味しい~♪
さっきまで敷地内の大きな生簀で泳いでいたヤマメなので、新鮮なのは当然。
柚子胡椒のピリッとした辛味が良く合います。
すいかの匂いがする鮎と違って、ヤマメは臭みがまったくなくて食べやすいですね。
といいつつ、鮎も大好きな私なのですが。

唐揚げ、南蛮漬と続いて、お次はお待ちかねの塩焼きです



c0100937_13415458.jpg



ここで叔母が塩焼きを追加注文。その食欲、恐るべし!



c0100937_1342893.jpg



あ、ちゃんと分けて食べましたけどね(笑)。

この後、ご飯とお味噌汁(ここにもヤマメが入っていた!!)を頂いて、コースは終了。
合計7匹くらい食べました。ヤマメ尽くしのお料理に大満足。

しかし、デザートはやっぱり別腹というわけで。



c0100937_13422216.jpg



この器、素敵でした。器はもちろんすべて小石原焼。



c0100937_13423917.jpg



お庭を少し散策して、やまめ山荘を後にしました。

秋にまた来よう、と叔母と約束。



c0100937_13425435.jpg



紫陽花がまだ咲いていました。

美味しいヤマメを心ゆくまで堪能し、充実した夏の一日でした。
[PR]
# by chika-papermoon | 2011-07-17 00:00 | そとごはん
台湾の想い出
先日は、友人のYちゃんと博多駅でランチ。

「くうてん」は相変わらず大混雑で、お目当てのお店には入店待ちの長い列が。
それじゃあ…と向かったのは、博多阪急内にある台湾の有名店『鼎泰豊(ディンタイフォン)』
こちらはまったく混雑もなく、ゆっくりランチを楽しむことができました。
小龍包も美味しかったし、博多駅の穴場発見です(笑)。

大好きな台湾。
東日本大震災では、日本のために約160億円もの義援金を送ってくれました。
親日家が多いことでも知られていますが、何度か訪れた台湾で私が感じたのは人の温かさ。
現地で接した台湾の方々の笑顔と優しさが、今も心に残っています。


c0100937_16383822.jpg


10年程前、『茗泉堂茶荘(ミンチェンタン・チャージョアン)』で買い求めた茶器。

『茗泉堂茶荘』はライライシェラトン内にあるお店で、台湾茶や茶器が充実しています。
作家もので少々お値段が張りましたが(笑)、想い出深い茶器です。

オーナーの葉さんは日本語がとてもお上手で、その当時、福岡に家を持っていると仰っていました。
博多の名店『田中田』が大好きで、お酒にめっぽう強い。
ひょんなことから夕食をご一緒させていただいたのですが、その時もストリチナヤ(ウオツカ)を
ぐいぐい飲まれていました。
一見さんの私達に食事をご馳走して下さって、今でも謎のひとつとなっている旅の想い出です(笑)。
あのイタリアン、美味しかったなぁ。


c0100937_16391679.jpg


こちらは普段使いの茶器。

ちなみに『鼎泰豊(ディンタイフォン)』は台湾一有名な小龍包のお店ですが、
私のおすすめは『京鼎小館(ジンディン・シャオグァン)』というお店。
庶民的な町の食堂といった雰囲気で、安くて美味しい!
今は少し有名になったようですが、観光客も少なく地元の方々に愛されているお店です。
『度小月(ドゥシャオユエ)』の担仔麺もまた食べたいなぁ。

素敵な茶芸館やエネルギッシュな夜市。
久しぶりに台湾へ行きたいな、と思いを馳せる今日この頃です。
[PR]
# by chika-papermoon | 2011-07-10 00:00 | Utsuwa