Top

*日々の暮らしと旅*
by chika-papermoon
Links
*HP*
Paper Moon

*Paris旅行記*
Paris promenade

カテゴリ
暮らし
うちごはん
そとごはん
Tea Time
Utsuwa
Favorites
Movies&Music
Trip
Paris
Kyoto
Busan2009
Busan2010
その他のジャンル
<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
カフェ ド アルミロ
絵本美術館を出た後は、大浦天主堂方向へ坂道を上ります。

道の両脇には、お土産やさんやガラスの工芸品を売るお店などが軒を連ねています。
カステラや長崎名物の角煮まんじゅうの試食などをしながら、目的地へ。


c0100937_1649370.jpg


café do Almiroへやってきました。

大浦天主堂のひとつ手前の脇道から少し入ったところに、素敵な洋館があります。
そちらの2階にあるカフェ。


c0100937_16341329.jpg


階段を上った先に入口があります。とても可愛らしい雰囲気。

店内は、外からの光が柔らかく降りそそぐ、気持ちのよい空間でした。
卵色の壁にブルーのソファ、椅子に掛けられたブランケット。
壁にはたくさんの絵本が飾られていて、自由に読むことができます。
照明や飾られている雑貨のひとつひとつにも、オーナーさんのセンスが感じられます。
レトロで温かみのある素敵なインテリア。


c0100937_16342757.jpg


14時からの限定メニュー、デザートプレートをいただきました。

あれこれ食べたい欲張りな人に(笑)、ピッタリのメニュー。
コーヒーがポットでサービスされるのが、これまた嬉しい♪

お茶を飲みながら絵本を読んだり、お喋りしたり。
旅先であることを忘れてしまいそうな、アルミロでの心地よいひとときでした。


↓アルミロへ思わず行ってみたくなったあなたは応援クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-30 00:00 | Trip
祈りの丘絵本美術館
長崎へ行ったら是非訪れてみたいと思っていた場所のひとつ、『祈りの丘絵本美術館』

南山手町の「グラバー園」へ向かう坂の途中に、その素敵な美術館はありました。


c0100937_1521640.jpg


可愛らしい洋館にはツタが絡まり、まるで絵本の世界から飛び出してきたかのよう。

門から建物に向かうアプローチには、樹木や楚々とした花々が植えられていて、小さな庭園となっていました。
とても素敵な佇まい。


c0100937_15212126.jpg


色とりどりの煉瓦が埋め込まれた壁には、シーサーのようなオブジェが。


c0100937_15213592.jpg


入口から上を見上げると、男の子と熊の可愛らしいオブジェがありました。

そんな素敵なアプローチを抜け、わくわくしながら中へ。
建物の1階には選りすぐりの絵本が売られていて、2階と3階が美術館となっています。

様々な絵本を読みながら、ふと子供の頃を思い出したり、ほろりとしたり。
久しぶりに絵本の世界に浸りました。
夫もこちらの美術館が気に入った様子^^
贈り物に数冊、自分のために数冊、絵本を選びました。
お店の方もみなさん感じが良くて、やっぱり来てよかった。


c0100937_15215336.jpg


素敵な絵本の数々が、子供たちの心にそっと寄り添ってくれますように。


c0100937_1571856.jpg 購入した本の中から一冊ご紹介。

有名なシェル・シルヴァスタインの絵本『おおきな木』。
原題は"The Giving Tree"
今年、村上春樹さんの翻訳で新しく出版されました。
久しぶりにこの絵本を読みましたが、とてもよかった。
以前読んだ時よりも、深く心に響きました。

村上春樹さんのあとがきも、とてもよかった。
「物語は人の心を映す自然の鏡のようなもの」
正しくそうだと思いました。
きっと、答えは自分の心の中にある。


大人の方に是非読んでほしい絵本です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-25 00:00 | Trip
美味しいカステラを求めて
福岡から長崎へは車で2時間くらい。
ながさき出島道路を使えば、あっという間に市内中心部まで行けますが
私たちは手前のインターで降り、長崎の街並みを眺めながら市街地まで向かいました。

長崎へ来ていつも思うのは、"緑が濃い"ということ。
山に囲まれた町なので当然ですが、山が近くて緑が多い美しい町です。
路面電車が走る光景もノスタルジックで懐かしさを覚えます。
そういえば、昔は福岡にも路面電車が走っていましたね。

さて、最初に向かった先は眼鏡橋。
長崎の観光の定番といえばココ。


c0100937_21325621.jpg


私が中学生の時長崎で大きな水害があり、その直後にここを訪れたことがありました。
半壊した眼鏡橋を見て、とても悲しい気持ちになったことを覚えています。
今は修復されて美しい姿を取り戻しています。


c0100937_21334324.jpg


橋の姿が水面に映ると、本当にメガネのように見えますね。
川にはたくさんの鯉が泳いでいました。

さて、眼鏡橋の近くに美味しいカステラ屋さんがあると聞いて向かいました。
(chanchanさん情報ありがとうございます♪)


c0100937_21341335.jpg


レトロな店構えが素敵な『岩永梅寿軒』

創業は幕末の天保元年(1830)。
180年続く老舗のカステラ屋さんです。


c0100937_21343098.jpg


佇まいがとても素敵。

カステラは数量限定ということで、前日に電話で問い合わせをしたところ
予約分はすでに11月上旬まで埋まっているということでした。
でも、店頭販売分はあるということでしたので、長崎到着後まずお店に向かいました。


c0100937_21351794.jpg


よかった! カステラはまだ残っていました♪

カステラのほかに季節の生菓子もいくつか購入してお店を後にしました。


c0100937_2331406.jpg


包装紙もレトロで可愛いのです。

帰宅して食べたカステラはとても美味!
丁寧に焼き上げた後、一晩かけてじっくり休ませたというカステラは、ずっしりと重くもちもちとした食感。
綺麗な卵色としっとりとした生地にうっとり~。至福のお茶の時間でした。
今までカステラといえば「福砂屋」という我が家でしたが、これからは梅寿軒さんのものを
購入してしまうかも!?

お目当てのものを手に入れ、安心したところで次の場所へ向かいます。


↓あああ~長崎は~今日も晴れだった~♪ 旅に出るとついご当地ソングを歌ってしまうあなたも応援クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-22 00:00 | Trip
異国情緒を感じて
週末は、異国情緒溢れる素敵な町へShort trip。


c0100937_15273.jpg


長崎を旅してきました。

石畳の道を、気の赴くままにあちらへふらり、こちらへふらり。
素敵な洋館や美しい港、思わずレンズを向けたくなる景色にたくさん出会いました。
エキゾチックな香り漂う長崎の町は、旅人の心を捉えて離しません。

そんなわけで、しばらく旅行記続きます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-19 00:00 | Trip
パティスリー・ルイ
茶のこでお食事をいただいた後は、お楽しみのデザートタイム。

小国にある『パティスリー・ルイ』へ向かいます。
パティスリー・ルイは高台にあり、お店に向かう途中は車一台がやっと通れるぐらいの細い道。
この辺りのカフェは、なぜかそんな場所にあることが多いのです(涙)。
(あ、運転するのは夫ですけども。妻は隣りで応援。笑)

そんなこんなで無事到着。
店内は、天井が高く開放的な空間が広がっています。なんとも贅沢な作り!
元々は音楽ホールだった場所なのだそう。
ショーケースには、美味しそうなケーキが並んでいて迷います~。


c0100937_11134517.jpg


夫が選んだのは『レ・ダマンド』。

アーモンドとアプリコットのケーキです。
盛り付けも美しいですね。


c0100937_11142459.jpg


私は栗のケーキを選びました(名前失念)。

残念ながら、この日モンブランは売り切れ。
午前中に売り切れてしまうケーキも多いそうです。


c0100937_11144824.jpg


ケーキセットは飲み物付きで850円と良心的なお値段です。

この日は紅茶を選びました。種類はニルギリとフルーツティーの2種類のみ。
カップ&ソーサーがとても素敵でした。


c0100937_1115898.jpg


高台からの眺め。遠くの山々も見渡せて気持ちがよい場所です。

店内はとても静かで、時間が止まったかのよう。
落ち着いた空間で美味しいケーキをいただきながら、のんびりとした時間を過ごしました。

そしてお土産もいくつか購入。ケーキと焼菓子をお持ち帰りしました。


c0100937_11222782.jpg


持ち帰ったケーキ達。美味しくいただきました♪

写真にはないけれど、キャラメルとクルミのパウンドケーキがとても美味しかった!
ちなみに、ルイの焼菓子は小国の道の駅でも売られていますよ~。

その後は黒川温泉へ。


c0100937_11164972.jpg


大好きな『山みず木』の露天でのんびり~。

木々のざわめきや川のせせらぎを聞きながら、ゆっくりとお湯を楽しみました。
やっぱり黒川はいいなぁ
由布院より黒川温泉LOVEな我々、とくに自然豊かな山みず木の露天が大好きなのです。
今回は日帰りだったけれど、次回は泊まりで訪れたいな~。

この日は珍しく欧米人の観光客(男性)も見かけました。
山みず木まで歩いてきたようで(黒川の集落からは結構な距離)ビックリ!
夫の目撃談によると、静かに露天に入っていたそうです。
外国人の目に、黒川温泉はどのように映るのでしょうね。

美味しいものに舌鼓を打ち、温泉で癒された秋の一日でした。


↓ソフトバンクホークス、ついに王手!!! 7年ぶりの日本シリーズ出場に向けての応援クリック♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-16 00:00 | Tea Time
Tea room 茶のこ
連休は、久しぶりに黒川・南小国方面へ。

このところ遠出といえば浮羽止まりだったので、久しぶりの遠距離ドライブ。
空気が澄んでいて空が高いこの季節は、どこかへ出かけたくてうずうずしてしまいます(笑)。
当日はお天気にも恵まれて、うきうきしながら小国へ向かいました。


c0100937_2313731.jpg


まず最初に向かったのは、南小国にあるカフェ『茶のこ』
南小国で有名な『林檎の樹』のお隣にあるカフェです。
とても可愛らしい佇まい。


c0100937_232739.jpg


店内のインテリアもナチュラルな雰囲気。

カフェスペースのお隣に可愛らしい雑貨が並んでいたり、自由に読める本
(クウネルや暮らしの手帖など)が置いてあったり、女性が好みそうな空間でした。


c0100937_238208.jpg


ハヤシライスと若鶏の南蛮風ご飯をいただきました。

どちらも美味しかった♪
デザートの杏仁豆腐は優しい味わいでした。

茶のこでお食事をいただいていると、時折甘~い香りが漂ってきて……


c0100937_2325770.jpg


辺りを見渡すと、金木犀の花が咲いていました。

金木犀の香りは、まるでリボンのように秋の空気に漂います。
香りに色があるとしたら、やっぱりオレンジ? いや、もっと華やかなゴールドかな……?

素敵なカフェでのんびりした後は、辺りを散策。


c0100937_2331977.jpg


とっても大きな金木犀の木を発見(驚)。

近くの民家で、大きな金木犀の木を2本も見つけました。
この季節はさぞかしよい香りがするのでしょうね。


c0100937_233479.jpg


『林檎の樹』では、林檎の実がほんのりと色づいていました。


c0100937_2341041.jpg


晴天の時だけ開くりんどうの花。熊本県の県花でもあります。

さて、お腹が満たされたところで、次の場所へ移動します♪


↓金木犀と聞くと、ついト○レの芳香剤を思い出してしまう…そんな昭和生まれのあなたも応援クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-14 00:00 | そとごはん
無花果のコンフィチュール
週末は、今年はもう終わりであろう無花果でジャム作り。


c0100937_17133348.jpg


無花果とクルミのジャム。

いつもは無花果の皮ごと煮るのですが、今回は皮をむいて作ってみました。
それからローストしたクルミをトッピングしています。
だからかな? いつもよりも舌触りがよく、面白い食感のジャムに仕上がりました。
砂糖の分量やレモン果汁の量を毎回変えながら、まるで実験のようにジャム作りを楽しんでいます。

今回はこちらの本を参考に作ってみました。


c0100937_17135430.jpg


『ラ・ベル・コンフィチュール・マサコの果物を食べるジャムづくり』

ジャムの妖精クリスティーヌ・フェルベールさんの元で修業をした、鈴木方子さんの本です。
こちらの本、美味しそうなジャムが満載で、写真がとても美しいのですよー♪
今は地元の北海道でジャム作りをされているマサコさん。いつかそのジャムを味わってみたいな~。

マサコさんのジャム作りの特徴は、ひとつのジャムを2日の作業に分けて作ること。
1日目は半分の分量の砂糖でシロップ煮の状態まで煮詰め、2日目に残りの砂糖を加え完成させます。
そして複数の素材を組み合わせるジャムは、素材をすべて鍋に入れて作るのではなく、
単一の果物でジャムを作ってから後で混ぜ合わせるのだそうです。

そんなわけで、いつもより多少手間がかかりましたが
その分果物の甘さがギュギュッと詰まったジャムが出来上がりました♪♪

……さてさて、ジャムの話はこれくらいにして。
わたくし、みなさまにご報告があります。

前回の記事で話題にした「瀬戸ジャイアンツ」。
実はその数日後に「道の駅うきは」で発見してしまいました!!!


c0100937_17141048.jpg


証拠写真はこちら(笑)。

なななんと、一房500~600円の価格帯で売られていました(驚)。
恐るべし、うきは!!
瀬戸ジャイアンツまで栽培していたなんて!!!
岡山のそれより若干小粒ではありましたが、充分美味しゅうございました。

こんなに安いお値段で瀬戸ジャイアンツが食べられるなんて!
それよりも何よりも、この事実を叔母に言うべきか黙っておくべきか悩んでおります。

どうしましょう。
どうしましょうね。
どうしたらいいんでしょうね。

やっぱり知らない方が幸せってこともありますよね?


↓お得な瀬戸ジャイアンツを発見した私にご褒美クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-10 00:00 | 暮らし
葡萄いろいろ
先日、叔母の家で夕飯をご馳走になった後、デザートに『瀬戸ジャイアンツ』という葡萄を頂きました。

瀬戸ジャイアンツは岡山で生まれた新しい品種とのことで、大粒で種がなく、皮も薄くて甘い!
とーっても美味しく頂きました
しかしお値段を聞いて驚愕……

なななんと、一房 5000円!!!

ごごごご、ごしぇんえん!?!?
思わず聞き返した庶民の私でした。
私が瀬戸ジャイアンツを購入する日は永遠に来ないでしょう……(涙)。


c0100937_22335542.jpg


こちらは、一房500円の巨峰とロザリオ・ビアンコ。

安くて美味しい日本の巨峰。
巨峰を生み出した方は偉大ですね。こんなに甘くて美味しい葡萄を作るなんて。

葡萄の旬もあとわずか。
残り少ない葡萄の季節を思う存分楽しみましょう。


↓瀬戸ジャイアンツが一房500円になる日は来るのか来ないのか!? そんなことが気になるあなたも応援クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-05 00:00 | 暮らし
パティスリー・ジャック
福岡のケーキ好きなら知らない人はいないと言われる名店、『パティスリー・ジャック』

ジャックの美味しいケーキは、私も定期的に食べたくなるもののひとつです。
そんなわけで、天神に出かけるたびについふらふらとお店に足を運んでしまいます(笑)。
天神からは一駅分歩かなければいけませんが、最近は気候も良いのでお散歩がてらジャックまで♪


c0100937_19291187.jpg


店内で「リュビ」を頂きました。

濃厚なチョコレートのムースの中に、フランボワーズとピスタチオのクリームが入っています。
やはりとても美味しい!!
ジャックのケーキはどれを食べても美味しく、はずれることがまずありません。
この日も入れかわり立ちかわりお客さんが入っていました。
相変わらずの人気も、うなずける美味しさでしたー♡

さて、一人で美味しいものを食べるとなんとな~く後ろめたさを感じる小心者の私。
ちゃんと夫にもお土産を買って帰ります(心優しい妻を演出!?)。


c0100937_22274851.jpg


大好きな「ショーソン マロン」をお土産に。形も可愛いです。

ケーキは持ち帰る間にぐちゃぐちゃになってしまう心配があるけれど、パイなら大丈夫(笑)。
夫も大好きなこのマロンパイ。ジャックの隠れた(!?)名品だと思っております。


c0100937_19463526.jpg


バターたっぷり、マロンペーストもとても美味しい~♡
マロンパイといえば福岡では16区が有名ですが、私はジャックのマロンパイが好きです!
(といいつつ、16区のマロンパイも好き~)
栗星人には、たまらない季節の到来です。


↓食欲の秋真っ只中。この時期だけはダイエットを忘れよう…そう決意した私に応援クリックを!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-02 00:00 | Tea Time