Top

*日々の暮らしと旅*
by chika-papermoon
Links
*HP*
Paper Moon

*Paris旅行記*
Paris promenade

カテゴリ
暮らし
うちごはん
そとごはん
Tea Time
Utsuwa
Favorites
Movies&Music
Trip
Paris
Kyoto
Busan2009
Busan2010
その他のジャンル
<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
京都2008・春 1日目 ビストロ スポンタネ
京都旅行初日。8時30分博多発の新幹線で京都へ。

初めて乗るのぞみN700系にテンション高めの夫を尻目に、私は車中で爆睡でした。
前日は21時まで残業で、かなり疲れていたのです。とほほ。
車中でN700系について熱く語る夫。しかしその言葉も子守唄にしか聞こえない……(笑)。
そんなわけで、あっという間に京都駅に到着。

まずは京都駅のキャリーサービスに荷物を預け、ホテルまで送ってもらうよう手配。
ランチの予約まで少し時間があったので、ハイアットリージェンシー京都へ向かいました。
お目当てはハイアット内にある『セレクトショップ京』
鳥獣戯画の箸置きや作家ものの小物など、上質でセンスのよい品が揃っているお店です。
ちょうど欲しいと思っていたものとの出会いがあり、お買上げ。

ハイアットは和の要素を取り入れながらも、モダンでかっこいいホテルでした。
レストランの大きな窓から見える緑や小さな石庭、京都らしさが随所に感じられて素敵。
お茶をしたかったのですが、ランチの予約をしていたので断念しました。
いつか泊まってみたいホテルです。


c0100937_2323892.jpg


ランチは『ビストロ スポンタネ』へ。
旅先での食事って迷いますよね。選択肢の多い京都ならなおさらです。
和食のお店も気になるけれど、今回はフレンチのお店を攻めてみることにしました。

ビストロ スポンタネは『京都の値段』という本に載っていて、以前から気になっていたお店。
1800円のランチを頂きましたが、前菜2品にスープ、メイン、デザートと充実した内容で
どれも美味しかった。お店はカジュアルな感じですが、年配のギャルソンさんがいて
サービスもしっかりしていました。お店は満席だったし、地元でも人気店なのでしょうね。

京都旅行、まずは美味しいものを食べてスタートです。
[PR]
by chika-papermoon | 2008-03-30 00:00 | Kyoto
京都2008・春 Prologue
先週末、夫と京都へ行って来ました。

初めての初春の京都。
冬の京都も素敵だけれど、春の京都も空気が柔らかくていいですね。
なにしろ暖かいのはやっぱり嬉しい。
旅行中はお天気にも恵まれて、楽しく京都を散策してきました。


c0100937_13563917.jpg


今回のお寺めぐりは夫の希望で『東寺』へ。
東寺へ向かうバスの車中は満員。しかもお年寄りがとっても多いなぁ…と思っていたら、
ちょうど弘法さん(東寺市)の日でした。お年寄りに大人気なのですね。
沿道には露店が並び賑やか。南大門をくぐるとたくさんのお店がひしめいていました。


c0100937_150426.jpg


拝観料を払って入る先は、それまでの喧騒とは別世界の静かな空気が流れています。
初めて見る五重塔は大きく、大迫力。
建築のことはよく分からないけれど、はるか昔の時代に木組みだけでこれほどのものを
作る人たちが日本にいたなんて、素晴らしいの一言です。見てよかった。
早咲きの河津桜も満開。立体曼荼羅も面白かったな。

そんなわけで、しばらく京都ネタ続きます。
[PR]
by chika-papermoon | 2008-03-28 00:00 | Kyoto
メイクのちから
先週は怒涛の一週間でした。

今所属している部署が移転する為、先週は通常の業務に加え引越し作業。
今日は久しぶりの休日だったのに、残務整理で急遽会社へ行くことに(涙)。
そして明日も8時に出社するようお達しが……。
若い頃ならいざ知らず、この年になるとさすがに疲れます~。

その後、仕事を終えてから天神へ向かいました。
街はすっかり春物のディスプレイ。デパートの化粧品売場も新色がズラリ。
春になると街に色が溢れ、華やかでいいですね。


c0100937_2318523.jpg


ルナソルで春らしい色のアイシャドウと口紅を購入。
ついでに美容部員さんに綺麗にメイクしてもらいました(顔が疲れていたので……笑)
ふだんからお化粧はしているほうですが、プロにしてもらうとやっぱり違いますね。
なんだか元気になりました。メイクの力ってスゴイ。

帰りには『ジャン=ポール・エヴァン』でマカロンを。
久しぶりにエヴァンのマカロンを食べましたが、やっぱり美味しい!
仕事の疲れもぶっ飛びました~。
[PR]
by chika-papermoon | 2008-03-16 23:55 | Tea Time
ゴスペルのランチ
京都行きが近くなってきたので、ガイドブック片手に情報収集に勤しむこの頃。

まったく計画なしの行き当たりばったりの旅行にも憧れるけれど、
それができないのがB型の性分(!?)
せっかく行くんだからと、あれもこれも欲張って計画してしまう。
しかも行き先が京都となると、その欲張りかたは半端じゃありません(笑)。
それにしても京都は、魅惑の場所が多過ぎて困ります~。


c0100937_1943362.jpg


せっかくの京都なので和食も食べたいし、人気のフレンチも気になる。
そして老舗店の和菓子や美味しいと評判のスイーツ。
短い旅行の間に、どう胃袋に詰め込もうか悩む毎日です(笑)。

写真は前回の旅行で訪れた『ゴスペル』でのランチ。
銀閣寺の近くの住宅街に静かにたたずむ、素敵な洋館のお店です。
アンティークの家具や店内で静かに流れるジャズ。ランチも美味しかったなぁ。

ところが、せっかくゴスペルに行ったのにフロールを食べることを忘れたのです!!
(フロールとはパティシエールの津田陽子さんが作る超人気のロールケーキ)
念入りに計画したつもりでも、いつもなにか忘れてしまう間抜けな私です。
[PR]
by chika-papermoon | 2008-03-12 00:00 | Kyoto
啓蟄と菜の花パスタ
今日は暦のうえで「啓蟄」。

啓蟄とは、冬の間土の中で巣ごもりをしていた虫たちが動き始める頃。
この日から春分までの期間をさすのだそうです。
七十二候(古代中国で考案された季節を表す方式)では啓蟄の期間をこう記しています。

初候(第7候)
 「巣籠もりの虫戸を開く」 暖かくなり冬眠していた虫が地上に出てくる。
次候(第8候)
 「桃始めて笑う」 桃の花が咲き始める。
末候(第9候)
 「菜虫蝶と化す」 いもむしが蝶に変わる。

啓蟄はいろんなものが動き出す季節。自然も生き物にとっても変化の季節ですね。
「笑」の文字には「花が咲く」の意味があるそうです。
「桃が笑う」。素敵な表現だなぁ。
日本人は昔から季節のうつろいを感じ、自然と調和しながら暮らしてきたのでしょうね。


c0100937_17511963.jpg


以前購入した松尾たいこさんの「えこよみ」という絵本には、
「立春」や「夏至」といった「二十四節気」や季節の変化をあらわした「七十二候」が
素敵なイラストとともに紹介されています。大人が楽しめる絵本としておすすめです。
それにしても、こんな美しい表現で季節を表すなんて、日本人って素敵ですね。

さて、写真は夫作の週末ランチ「菜の花のオイルパスタ」。
男の料理なので盛り付けはイマイチですが、美味しかったです。
やっぱり季節を感じるには、旬の食べ物が一番かな(笑)。
[PR]
by chika-papermoon | 2008-03-05 18:15 | うちごはん
春を探しに~大宰府天満宮
暖かな日差しがふりそそいだ週末、梅を見に太宰府天満宮へ行ってきました。

見頃は少し過ぎてしまったけれど、それでもまだたくさんの梅が咲いていてうっとり。
白梅や紅梅、しだれ梅。たくさんの種類があってそれぞれ美しくて。
しだれ梅はまだつぼみでこれからのよう。もうしばらく美しい姿が見られるかな。


c0100937_22464297.jpg


梅と言えば福岡では大宰府天満宮が有名ですが、
天満宮の近くの都府楼跡にもたくさんの梅が咲いています。
都府楼跡は、桜の季節も美しくて大好きな場所。人が少なくて意外と穴場なのです。

ところで、今月京都へ行くことになりました。
桜の時期には少し早いので、京都でも梅が見られたらいいなぁと思っています。
[PR]
by chika-papermoon | 2008-03-03 23:15 | 暮らし