Top

*日々の暮らしと旅*
by chika-papermoon
Links
*HP*
Paper Moon

*Paris旅行記*
Paris promenade

カテゴリ
暮らし
うちごはん
そとごはん
Tea Time
Utsuwa
Favorites
Movies&Music
Trip
Paris
Kyoto
Busan2009
Busan2010
その他のジャンル
<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ハウステンボス2007 ワイン祭
先週末、秋を探しにハウステンボスへ行って来ました。

毎年恒例になりつつある、秋の小旅行 in ハウステンボス。
この季節は楽しみにしているワイン祭りがあり、今年もはりきって参加しました。


c0100937_20471329.jpg


毎年この時期に開催されるサンヴァンサン祭りは、タートヴァンというチケットを購入すると
150種類のワインが飲み放題! という素敵なイベント。ワイン好きにはたまりません~。
週末ということもあり、たくさんの人が参加していました。

それにしても、青空のもと昼間から飲むワインの美味しさといったら!
参加している人達もみんな楽しそうで、会場はほのぼのとした空気が流れていました。
高いワインはなくとも、美味しいワインと楽しい会話があるだけで幸せ。
幸せって、案外安く手に入るものですね(笑)。
そんなこんなで、ほろ酔い気分で一日目は過ぎてゆきました。


c0100937_2110860.jpg


そして2日目。
散々飲み食いしたにもかかわらず、2日目も食べる予定がぎっしり。

まずはホテルで朝ごはん。今回も宿泊はホテルヨーロッパでした。
午後からの予定を考え朝食は控えめにしようと思いつつ、やっぱり食べ過ぎてしまう。あぅぅー。
この食い意地だけは一生直りそうにありません。

人が少なくてゆっくりできることも、ハウステンボスが好きな理由のひとつ。
しかし、ハウステンボスの経営を考えるとちょっと心配になります。
採算は取れているのか!? などなど。
これだけの素晴らしい施設があるにもかかわらず集客が少ないのは、
場所的な問題が大きいのかもしれません。
もしもハウステンボスが関東にあったなら、もっとたくさん集客が出来たはず…。
頑張れ! ハウステンボス!!


c0100937_22131743.jpg


さて、今回のもうひとつのお楽しみ。
ホテルヨーロッパのメインバー「シェヘラザード」のアフタヌーンティー。
こちらもこの季節の期間限定なのです(限定ものに弱い私)。
そしてこちらのアフタヌーンティーは、紅茶やサンドウィッチ、スコーンやケーキなど
全ておかわり自由なのです!(しかしおかわりせずともお腹一杯になりました)
スコーンやケーキなどはワゴンで運ばれてきて、好きなだけ選ぶことが出来るし
紅茶も6種類の茶葉から選ぶことが出来ます。
フレーバーティーがとくに美味しかったなぁ。
バイオリンの音色を聴きながら、ゆったりまったり優雅な時間を過ごしました。

そんなこんなで終わった秋の小旅行。
気候がよくて食べ物が美味しい秋は、旅行に最適の季節ですね。
さて、次はどこへ行こうかな。
[PR]
by chika-papermoon | 2007-10-21 22:40 | Trip
Cucina Caldo
週末は久しぶりに天神で買物。

季節の変わり目はいつも着る服に困ってしまう。今の時期もそう。
そんなわけで秋物の服を買いに行って来ました。
基本的にはシーズンの初めに服を買って、そのシーズン中に着まわすタイプ。
そのほうがお得な気がするのです。
バーゲンにも行くけれど、結局バーゲンで買うことは少ないなぁ。

服選びでいつも困るのは、職場が制服ではないので
"会社へ着ていけるもの"という基準で服を選ばなければならないってこと。
仕事用とプライベート用と分けられればいいんでしょうが、金銭的に無理(笑)。
勤労婦人も結構大変です。

さて、せっかく天神方面へお出かけしたので『クッチーナ・カルド』へ行って来ました。
先日のランチ以来、2度目の来店です。


c0100937_2011296.jpg


写真は、生ハムのサラダと茄子と挽肉のトマトソースパスタ。
デザートはティラミスでした。そしてコーヒーとパン。
モチモチの生パスタはもちろん、パンもとても美味しいのです。
甘みがあってもっちりとしていて美味しい。
聞くところによると、お昼のパン(夜は自家製)はベーカリーハカタのパンだそう。

ベーカリーハカタは福岡のレストランやホテルに卸している業務用のパンやさん。
東京でいうと「ペリカン」みたいな感じでしょうか(食べたことないけど)。
今度自宅用に買って帰ろうかな。
それにしてもこのランチ、980円はやっぱり安いです。おすすめ。

それから忘れていましたが、クッチーナ・カルドの特筆すべきところは
オーナーシェフが爽やかなイケメン(死語?)であること!!
前回来た時はその方がオーナーだとは気がつかなかったのです。
こちらもおすすめです(笑)。
[PR]
by chika-papermoon | 2007-10-07 20:50 | そとごはん