Top

*日々の暮らしと旅*
by chika-papermoon
Links
*HP*
Paper Moon

*Paris旅行記*
Paris promenade

カテゴリ
暮らし
うちごはん
そとごはん
Tea Time
Utsuwa
Favorites
Movies&Music
Trip
Paris
Kyoto
Busan2009
Busan2010
その他のジャンル
<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
小鳥ちゃんの想い出
風邪をひいた。世間で猛威をふるっているインフルエンザではないようだけど、
体がずっと熱をもっていてボーッとしている(まぁ、ふだんからボーッとしているのだけど)。
でも、風邪をひいた時の感じも嫌いではない。
地に足が着いていないようなフワフワした感じ。 熱がある時特有の、浮遊感。
そんなわけで、お休みの3日間、ずっと寝ているか本を読んで過ごした。

今日は、朝からフワフワとした綿のような雪が舞っていた。
こんな雪の降る静かな朝に決まって読みたくなるのが、江國香織さんの「ぼくの小鳥ちゃん」だ。
ある日突然やってきた、ちょっとわがままな 「小鳥ちゃん」 と 「ぼく」 の物語。
イラストも可愛くて、読み終わる頃には、ほのぼのとしてあったかい気持ちになる。

c0100937_1973860.jpg

子供の頃は、なにかしら動物を飼っていた。
猫とか鳥とか。でも常に一緒に暮らしていたのは猫。なので、今でも一番猫が好き。
幼い頃は鳥も飼っていた。ちょうど「ぼくの小鳥ちゃん」と同じ、白い文鳥だ。
"ピッチ"と名づけたその小鳥は、真っ白な体にピンク色のくちばし。
頭がよく家族によくなついていて、台所で水浴びをするのが大好きだった。
自分よりも小さくてか弱い存在のその小鳥を、末っ子だった私は妹分のように思っていた。

あれは忘れもしない、幼稚園の卒園の日。
その日はお天気がよく、家族が出かけている間、ピッチの鳥かごは外につるされていた。
そして卒園式が終わり「ただいまー!」 とピッチの鳥かごを覗くと、そこにピッチの姿はなかった。
ただ鳥かごのワイヤーがいびつな形に歪んでいた。そう、ピッチはヘビに襲われてしまったのだ。
私はわんわん泣いた。ただただ悲しかった。

そんなわけで、あの日の体験は私の中で強烈な思い出として残っている。
…もちろんあれ以来、ヘビが大嫌いだ。
ところで、あれから数十年たった今、酉年生まれの私は巳年生まれの夫と結婚している。
一体なんの因果なのか…?
[PR]
by chika-papermoon | 2005-02-26 00:00 | 暮らし
最期にはきっと
チョコレートを買いに天神へ行った。
ある程度覚悟はしていたけど、デパートのチョコレート売場はすごい人!
そのまま引き返して帰ろうかと思ったぐらいだ…。
またそれは、早めに義理チョコの準備をしていなかった自分の怠惰を
うらめしく感じた一瞬でもあった。

とはいえ、義理チョコなのであまり悩むこともなく、短時間で任務終了。
その後は、新しくなった三越や大丸のデパ地下の食料品を見て楽しんだ。
なんと三越の地下には、PAULやはちみつのラベイユが出店している。
でも一番嬉しいのは、アンジェリーナだろうか。
モンブラン好き、Paris好きの私にとっては願ったり叶ったりなのである…♪

c0100937_1942550.jpg

夜はバレンタインディナーと称して、夫と食事に行った。
美野島の交差点付近にある「田中田」は、大好きな和食のお店。
美味しい魚が食べたい人には、ぜひおすすめしたいお店である。
昨日食べた料理も、どれも素晴らしく美味しかった!
このところすっかりフレンチにかぶれていた私だけど、日本食もやっぱりいいねぇ…と
しみじみ夫と語り合った。

なんだかんだいっても、結局私には和食が一番。
途中、浮気をすることがあったとしても、最期の食事にはご飯とお味噌汁を選ぶに違いない…
そう強く確信したバレンタイン・イブである。
[PR]
by chika-papermoon | 2005-02-13 00:00 | Tea Time
形のないもの
最近、物欲がめっきり減ったと自負している私。
それどころか、モノをたくさん所有することに、ある種の違和感を覚えるようになった。
(一部例外あり。器や布ものだけはなぜか増える。)
定期的に襲ってくる"片付けたい病"のせいかもしれないけど、
最近の私は、ますますシンプル志向になっているのだ。

c0100937_1923240.jpg

とはいえ欲がなくなったわけではなく、物欲が減った代わりに増えた欲もある。
例えば、旅行欲?とか食欲とか(笑)。
以前の私は、同じ1万円を使うなら形に残るモノがいいと思っていた。
でも今は、1万円あるなら美味しいものが食べたいと思う。
「所有する」ことより「経験する」ということに、興味が移っている今日この頃なのだ。

たしかに、欲しいモノを手に入れた時は嬉しいし、
人はその為に働いているといっても過言ではないだろう。
でも、手に入れて喜んだのもつかの間、すぐまた別のモノが欲しくなるし、欲望には終わりがない。
それに形あるものは、いつかは必ず壊れる…。
そんなわけで、今年はあえて"形のないもの"に時間とお金を費やしたいと思う私なのである。
[PR]
by chika-papermoon | 2005-02-08 00:00 | 暮らし
趣味と実益
c0100937_18563211.jpg寒い一日でした。風が窓を揺らし、粉雪が空を白く覆う一日。

こんな冬将軍到来の日は、日本酒でクイーッッと一杯やりたいねぇ!!
なんて思ってしまうのは、
私が根っからの飲み助だからでしょうか。


さて、最近わが家で勢力を伸ばしつつある器のひとつに"ぐい呑"があります。
夏は涼しげなガラスのぐい呑で、冷酒をキュキューッッと飲むのが好きですが、
冬はやっぱり土もののぐい呑で、ぬるめの燗をちびちび飲むのが好き。
すっかりオヤジの域に達している私です(笑)。


子供の頃、父が趣味で集めていたぐい呑が家にはたくさんあり、
その父の影響からか近頃はぐい呑をよく買うようになりました。
もともと小さな器が好きということもあるのですが、
小さな器の中にもその世界があるところや、自分の好みで選び、
愛でる楽しさがあるところが、ぐい呑に惹かれる理由かもしれません。



そんなわけで、我が家の食器棚でますます幅を利かせるぐい呑たち。
場所も取らないし、趣味と実益を兼ねて一石二鳥でいいと思うんですがね。
いかがでしょうか? だんな様……?
[PR]
by chika-papermoon | 2005-02-01 00:00 | Utsuwa