Top

*日々の暮らしと旅*
by chika-papermoon
Links
*HP*
Paper Moon

*Paris旅行記*
Paris promenade

カテゴリ
暮らし
うちごはん
そとごはん
Tea Time
Utsuwa
Favorites
Movies&Music
Trip
Paris
Kyoto
Busan2009
Busan2010
その他のジャンル
カテゴリ:Trip( 33 )
長崎物語最終話~新地中華街~
グラバー園を出る頃には、もう日が傾き始めていました。

長崎港へ車を走らせ、しばし車窓から長崎観光。
水辺の森公園付近は綺麗に整備されていて、散策にぴったりの場所です。
停泊している船を眺めたり、近くの長崎県美術館に寄り道するのも良さそう。
こちらの美術館、佇まいがとても素敵なのですよ。今回は時間がなくて寄ることができず、残念。

さて、夕食はお約束の新地中華街へ。


c0100937_15163647.jpg


長崎といえば、ちゃんぽん。

ちゃんぽんといえば中華街、というわけでやってまいりました。
ちゃんぽんといえば『四海楼』が有名ですが、我が家のお気に入りは新地にあるこのお店。


c0100937_15165897.jpg


有名な『江山楼』にやってきました。

いつ来てもたくさんのお客さんで賑わっています。
待ち時間が30分ほどあったので、中華街を散策。
……といっても、とても小さな中華街なので、あっという間に散策終了。
横浜の中華街では迷子になってしまう私ですが、ここなら大丈夫(笑)。


c0100937_15171630.jpg


皿うどんと中華丼、それから麻婆豆腐などをいただきました。はぁ~美味しかった!

駆け足で過ごした長崎でしたが、充実した楽しい一日でした。
古いものが大事にされていて、様々な異国の文化が融合した街、長崎。
福岡とはまた違う、この街の空気感がとても好きです。
次はランタンフェスティバルの頃に訪れたいな♪


↓長崎の銘菓といえば「おたくさ」? いややっぱりバウムクーヘンの先駆け「長崎物語」に一票! ついでにこちらにもワンクリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-11-07 00:00 | Trip
歴史ロマンの散策~グラバー園~
アルミロを出た後は、また坂を上り大浦天主堂方面へ。


c0100937_178421.jpg


国宝に指定されている大浦天主堂。

日本最古の木造ゴシック建築の教会です。
この教会を見た当時の日本人は、初めて見る洋風の建築物に驚いたでしょうね。
この日は時間がなかったので天主堂の見学はせず、お隣のグラバー園へ向かいました。

グラバー園とは、スコットランドから渡来したトーマス・ブレーク・グラバーの邸宅など
100年以上前に長崎で暮らしていた貿易商の邸宅が保存された公園です。
長崎の観光名所として有名ですね。

エスカレーターに乗り、丘の頂上へ。グラバー園で一番高い場所から散策はスタートします。


c0100937_17235321.jpg


グラバー園で一番の高台にある旧三菱第2ドックハウス。

こちらは船が修理のため造船所に入っている間、乗組員たちが宿泊した施設なのだとか。
とても見晴らしの良い場所に立っていて、ベランダからは長崎港が一望できます。
きっと夜景も素晴らしいでしょうね。

園内の順路は南山手の斜面を下るように配置されているので、広い敷地内も楽に移動することができます。


c0100937_17111755.jpg


邸宅の中で一番立派だったのは、旧オルト住宅。国の重要文化財に指定されています。

ウィリアム・オルトはイングランド出身の貿易商で、日本のお茶を世界に広めた人物なのだとか。
とても大きな邸宅で、広いベランダが印象的な建物でした。
庭には紫陽花やバラやたくさんの花が植えられていました。花が咲く季節はさぞかし美しいのでしょうね。


c0100937_17113830.jpg


そして坂を下ってグラバー邸へ。

トーマス・ブレーク・グラバーは、長崎の開港と同時に21歳で渡来しました。
造船、採炭、製茶貿易業を通じて日本の近代化に貢献した人物で、キリンビールの前身である
「ジャパン・ブルワリ・カンパニー」を設立したことでも知られています。

グラバーは幕末の動乱期、薩摩や長州、土佐などの討幕派を支援していたそうです。
グラバーの妻ツルが使っていた部屋の廊下の天井裏には、窓のない隠し部屋がありました。
倒幕に向けて、密談を重ねていたとかいないとか……その中には坂本龍馬もいたのでしょうか!?


c0100937_1752566.jpg


右下の愛嬌のある狛犬が、キリンビールのラベルに使われた麒麟の絵のモデルだと言われています。
ちなみにグラバーは、太宰府天満宮にある麒麟像をこよなく愛していたのだとか。
グラバーの提案で、麒麟を大きく描いたラベルが採用され、
現在のキリンビールのラベルの原型になったそうです。
そしてそれが、太宰府天満宮の麒麟像がもとになっているとしたらなんだか素敵!
狛犬より麒麟像のほうが似ている気がするのですよね~

というわけで、久しぶりのグラバー園でしたが、見所満載で楽しい時間を過ごしました。
園内には四季折々の花が植えらていて、どの季節でも散策を楽しむことができます。
期間限定ですが夜間に入場できる時期もあるので、ライトアップされた園内や長崎の夜景を
楽しむのもよさそう!
長崎旅行の際には、ぜひまた訪れたい場所です。


↓私はキリンの由来より、ラッキーヱビスの方が気になる! そんなヱビス派のあなたも応援クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-11-04 00:00 | Trip
カフェ ド アルミロ
絵本美術館を出た後は、大浦天主堂方向へ坂道を上ります。

道の両脇には、お土産やさんやガラスの工芸品を売るお店などが軒を連ねています。
カステラや長崎名物の角煮まんじゅうの試食などをしながら、目的地へ。


c0100937_1649370.jpg


café do Almiroへやってきました。

大浦天主堂のひとつ手前の脇道から少し入ったところに、素敵な洋館があります。
そちらの2階にあるカフェ。


c0100937_16341329.jpg


階段を上った先に入口があります。とても可愛らしい雰囲気。

店内は、外からの光が柔らかく降りそそぐ、気持ちのよい空間でした。
卵色の壁にブルーのソファ、椅子に掛けられたブランケット。
壁にはたくさんの絵本が飾られていて、自由に読むことができます。
照明や飾られている雑貨のひとつひとつにも、オーナーさんのセンスが感じられます。
レトロで温かみのある素敵なインテリア。


c0100937_16342757.jpg


14時からの限定メニュー、デザートプレートをいただきました。

あれこれ食べたい欲張りな人に(笑)、ピッタリのメニュー。
コーヒーがポットでサービスされるのが、これまた嬉しい♪

お茶を飲みながら絵本を読んだり、お喋りしたり。
旅先であることを忘れてしまいそうな、アルミロでの心地よいひとときでした。


↓アルミロへ思わず行ってみたくなったあなたは応援クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-30 00:00 | Trip
祈りの丘絵本美術館
長崎へ行ったら是非訪れてみたいと思っていた場所のひとつ、『祈りの丘絵本美術館』

南山手町の「グラバー園」へ向かう坂の途中に、その素敵な美術館はありました。


c0100937_1521640.jpg


可愛らしい洋館にはツタが絡まり、まるで絵本の世界から飛び出してきたかのよう。

門から建物に向かうアプローチには、樹木や楚々とした花々が植えられていて、小さな庭園となっていました。
とても素敵な佇まい。


c0100937_15212126.jpg


色とりどりの煉瓦が埋め込まれた壁には、シーサーのようなオブジェが。


c0100937_15213592.jpg


入口から上を見上げると、男の子と熊の可愛らしいオブジェがありました。

そんな素敵なアプローチを抜け、わくわくしながら中へ。
建物の1階には選りすぐりの絵本が売られていて、2階と3階が美術館となっています。

様々な絵本を読みながら、ふと子供の頃を思い出したり、ほろりとしたり。
久しぶりに絵本の世界に浸りました。
夫もこちらの美術館が気に入った様子^^
贈り物に数冊、自分のために数冊、絵本を選びました。
お店の方もみなさん感じが良くて、やっぱり来てよかった。


c0100937_15215336.jpg


素敵な絵本の数々が、子供たちの心にそっと寄り添ってくれますように。


c0100937_1571856.jpg 購入した本の中から一冊ご紹介。

有名なシェル・シルヴァスタインの絵本『おおきな木』。
原題は"The Giving Tree"
今年、村上春樹さんの翻訳で新しく出版されました。
久しぶりにこの絵本を読みましたが、とてもよかった。
以前読んだ時よりも、深く心に響きました。

村上春樹さんのあとがきも、とてもよかった。
「物語は人の心を映す自然の鏡のようなもの」
正しくそうだと思いました。
きっと、答えは自分の心の中にある。


大人の方に是非読んでほしい絵本です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-25 00:00 | Trip
美味しいカステラを求めて
福岡から長崎へは車で2時間くらい。
ながさき出島道路を使えば、あっという間に市内中心部まで行けますが
私たちは手前のインターで降り、長崎の街並みを眺めながら市街地まで向かいました。

長崎へ来ていつも思うのは、"緑が濃い"ということ。
山に囲まれた町なので当然ですが、山が近くて緑が多い美しい町です。
路面電車が走る光景もノスタルジックで懐かしさを覚えます。
そういえば、昔は福岡にも路面電車が走っていましたね。

さて、最初に向かった先は眼鏡橋。
長崎の観光の定番といえばココ。


c0100937_21325621.jpg


私が中学生の時長崎で大きな水害があり、その直後にここを訪れたことがありました。
半壊した眼鏡橋を見て、とても悲しい気持ちになったことを覚えています。
今は修復されて美しい姿を取り戻しています。


c0100937_21334324.jpg


橋の姿が水面に映ると、本当にメガネのように見えますね。
川にはたくさんの鯉が泳いでいました。

さて、眼鏡橋の近くに美味しいカステラ屋さんがあると聞いて向かいました。
(chanchanさん情報ありがとうございます♪)


c0100937_21341335.jpg


レトロな店構えが素敵な『岩永梅寿軒』

創業は幕末の天保元年(1830)。
180年続く老舗のカステラ屋さんです。


c0100937_21343098.jpg


佇まいがとても素敵。

カステラは数量限定ということで、前日に電話で問い合わせをしたところ
予約分はすでに11月上旬まで埋まっているということでした。
でも、店頭販売分はあるということでしたので、長崎到着後まずお店に向かいました。


c0100937_21351794.jpg


よかった! カステラはまだ残っていました♪

カステラのほかに季節の生菓子もいくつか購入してお店を後にしました。


c0100937_2331406.jpg


包装紙もレトロで可愛いのです。

帰宅して食べたカステラはとても美味!
丁寧に焼き上げた後、一晩かけてじっくり休ませたというカステラは、ずっしりと重くもちもちとした食感。
綺麗な卵色としっとりとした生地にうっとり~。至福のお茶の時間でした。
今までカステラといえば「福砂屋」という我が家でしたが、これからは梅寿軒さんのものを
購入してしまうかも!?

お目当てのものを手に入れ、安心したところで次の場所へ向かいます。


↓あああ~長崎は~今日も晴れだった~♪ 旅に出るとついご当地ソングを歌ってしまうあなたも応援クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-22 00:00 | Trip
異国情緒を感じて
週末は、異国情緒溢れる素敵な町へShort trip。


c0100937_15273.jpg


長崎を旅してきました。

石畳の道を、気の赴くままにあちらへふらり、こちらへふらり。
素敵な洋館や美しい港、思わずレンズを向けたくなる景色にたくさん出会いました。
エキゾチックな香り漂う長崎の町は、旅人の心を捉えて離しません。

そんなわけで、しばらく旅行記続きます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-10-19 00:00 | Trip
由布院の旅
残暑厳しい8月のとある日、女3人由布院の旅へ行ってきました。

宿の予約はKちゃん、車はYちゃんが出してくれるというので、私はナビ役を買って出ました。
しかし、由布院は何十回も訪れているけれど、いつも助手席でボーっとしている私。
本当にナビができるのか!? という一抹の不安を抱えながらの出発……(笑)。

そして、前日に地図を見て予習をした甲斐もあり、無事に宿に到着(嬉)。
今回の宿は、由布院の街からは少し離れていて、企業の保養所が多く建つエリアにありました。
宿泊客も少なく(もともと8部屋しかないらしい)、お風呂は貸切状態。
のんびり温泉に入って食事をして、初日はまったりと過ぎていきました。

そんなこんなで2日目。
宿をチェックアウトして金鱗湖方面へ移動します。

九州の避暑地、由布院。
高地なので涼しいかな~と淡い期待を抱いていたけれど、やっぱり暑い!!!
由布院の街を散策しているだけで、ジリジリと体が焦げていきそうです。

そんななか、飛び込んだお店がこちら。


c0100937_23185457.jpg


ドクターフィッシュのお店。

いや~これが楽しいのですよ! 小魚ちゃんが足の角質を食べてくれる、アレです。
初めはくすぐったくて悶絶しますが、そのうち快感に変わります(笑)。
大小2種類の魚がいて、写真の魚は大きな方。
こちらはあまり食べてくれなくて残念でした~。
しかし、他のお客さん(男性)の足にはものすごい勢いで食いついていてビックリ(笑)。

昼食を食べ、由布院の街をひととおり散策した後は、いつものあの場所へ。


c0100937_2338361.jpg


由布院へ来たら、やっぱりPロールを食べなくっちゃ!

ふわふわで美味しかった~♪


c0100937_23195170.jpg


窓から見える緑が、キラキラと輝いていて綺麗でした。

今回の旅のお土産。


c0100937_23211899.jpg


シャガールのポストカード。


c0100937_23214895.jpg


くくちのジャム2種類。
3種類のペッパー入りのパイナップルとさっぱりとした味わいのかぼす。

かぼすというのが、大分らしいですね。
そうそう、由布院のスーパーで大量のかぼすがとてもお安く売られていたので
購入して3人で分けました。


c0100937_23213336.jpg


「鍵屋」で購入したミルクピッチャー。

いつもは夫と行くことが多い由布院だけど、女性同士で行くのも楽しいものですね。
旅行から戻ってからというもの、夫を置いて今度はどこへ出かけようかしら……!?
などと企んでいる悪妻なのでした(笑)。


↓角質に群がるドクターフィッシュを体験したくなったあなたは応援クリック!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-08-29 00:00 | Trip
ハウステンボス2010 アートガーデン sanpo
ホワイトローズガーデンを満喫した後は、もうひとつの見どころアートガーデンへ。

アートガーデンはバラを中心に、春はチューリップ、秋にはダリアなど
季節ごとの花々が楽しめる場所です。
そして初夏にはバラが華やかに咲き誇ります。


c0100937_11353411.jpg


アートガーデンのバラも満開でした。

前回訪れた時よりも、さらに素晴らしい庭園に進化していてビックリ!
広い敷地の中には、ラビリンスと呼ばれるバラの迷路や、睡蓮が咲くウォーターガーデン、
そしてフォリーと呼ばれるヨーロッパの古典的な庭園装置などがあり、とても見ごたえがあります。
もうバラ好きの私は大興奮(笑)。


c0100937_11355315.jpg


ハウステンボスで睡蓮が見られるなんて、なんだか得した気分♪

アートガーデン内には水路が通っていて、水はすべて循環されているようです。
環境に配慮した施設だけありますね。
フォリーにはポタジェやエディブルフラワーなどさまざまなテーマがあり、
見る人を楽しませてくれます。


c0100937_11362065.jpg


ハーブのフォリーには様々な種類のハーブが植えられていました。

ハーブのいい香りがして癒されます~。
バラとハーブはとても相性がいいのです。ハーブのおかげで虫もつきにくくなるんだとか。


c0100937_11363843.jpg


Parisで出会ったスイスチャードにも再会♪


c0100937_11372085.jpg


我が家にも咲いているアンジェラ。散った花びらも美しい。


c0100937_11374084.jpg


ニゲラも咲いていました。

ニゲラと時計草は雰囲気が似ていますね。神秘的な形をした花です。


c0100937_11375855.jpg


ハウステンボスのシンボル、ドムトールンとバラ。


c0100937_11382530.jpg


美しいバラの回廊。

久しぶりのハウステンボスでしたが、たくさんの美しいバラに囲まれて
幸せなひとときを過ごしました。
ハウステンボスの街並みとバラが織り成す景観や、庭園の素晴らしさは圧巻です。
こんな施設、他にはないと思う。

もっとバラの写真を撮りたかったけれど、カメラのバッテリーが切れ断念(涙)。
旅行前に充電をし忘れるなんて、私のばか~!!
でも、気に入ったバラの名前をメモしておいたので、帰宅してから色々と調べています。

5年の歳月をかけて、これだけのローズガーデンを作ったというハウステンボス。
今は経営難で大変だけれども、きっとこの努力が報われる日が来るに違いない! と、
ハウステンボスサポーター(!?)の私は思うのであります。

バラ好きのみなさん、ハウステンボスへGo! ですよ~♪


↓ランキング参加中♪ ポチっと応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-05-29 00:00 | Trip
ハウステンボス2010 White Rose Garden
ハウステンボス、2日目の朝。


c0100937_2321784.jpg


雨も上がり薄日が差してきました。

部屋から見える場所は毎晩花火が上がる広場なのですが、
なんと今月から花火は中止になったんだとか!
財政難のハウステンボス、仕方がないとはいえ寂しい。。。

さて、気を取り直していざ出発!
まずはパレスハウステンボス(ハウステンボスにあるお城です)のローズガーデンへ。


c0100937_23262554.jpg


なんとパレスハウステンボスが別料金になっていました。ガビーン!!
これも財政難のせいだ~! 仕方がないので、渋々料金を払い(笑)入場。

パレスハウステンボスには、お城に向かって右手に以前からあるローズガーデン
(遠くにうっすらと見えております)、左手に新しく出来たホワイトローズガーデンがあります。

ではでは、楽しみにしていたホワイトローズガーデンへGo!


c0100937_23352664.jpg


キャー! バラが咲き乱れています♪

前日の雨と風でかなり花びらが散っていましたが、とてもキレイ~
白と淡いピンクを基調とした様々な種類のバラや植物が植えられています。


c0100937_23473877.jpg


清楚で美しい白いバラ。
咲き始めのバラの姿が一番好きです。


c0100937_23543447.jpg


ホワイトローズガーデンはハウステンボスのチャペルのそばにあります。
ここで挙式をされる方もいらっしゃるのでしょうね。
美しいバラに囲まれての挙式、素敵だろうな~。うっとり。


c0100937_0144149.jpg


バレリーナを使ったピンク色の可愛らしいアーチもありました。
ピンクのバラはやっぱり華やかですね。

それにしても、本当に見にきて良かった! お金を払ってでも見る価値ありです。
個々のバラについては語りだすと止まらなくなるので(笑)、また別の機会に……。

とても素敵なホワイトローズガーデンでした。


↓ランキング参加中♪ ポチっと応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-05-28 00:00 | Trip
ハウステンボス2010 ホテルアムステルダム
出発した日は、あいにく雨模様のお天気。

今まで何度も訪れたことのあるハウステンボスですが、雨の日に訪れるのはこの日が初めて。
でも、雨のハウステンボスも悪くない。
雨に濡れた木々はいつもより緑が濃く、森全体が深呼吸をしているかのようです。

さて、今回の宿泊はホテルアムステルダム。
いつもホテルヨーロッパを利用しているので、今回はアムステルダムに宿泊することにしました。


c0100937_22525736.jpg


ハーバービューのお部屋です。とても広々とした空間。



c0100937_22533153.jpg


ハウステンボスホテルズの会員になっているので、ウェルカムフルーツのサービスがありました。



c0100937_22534973.jpg


セミダブルのベッドがふたつ。あらら、もうすでに乱れております。



c0100937_2254998.jpg


お部屋からの眺め。晴れていたら気持ちがいいだろうな。

外はシトシトと雨が降り続けています。
この日は散策はおあずけ。本を読みながらお部屋でのんびりと過ごしました。


↓ランキング参加中。ポチっと応援クリックをお願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
[PR]
by chika-papermoon | 2010-05-27 00:00 | Trip